So-net無料ブログ作成
検索選択

ザ・シェルタリング・スカイ/オリジナル・サウンドトラック

08121601.jpg 戦争が終わってからの1947年、North Africa の年、劇作家の Kit(Debra Winger)と作曲家の Port(John Malkovich)は、要求してはならなかった夢さえ失なった彼らの深い喪失感を、この文明を拒絶してあてどもない拡がりを持った世界で、癒やしをするのでした。そう言えば The Police の Synchronicity で、"Tea in the Sahara" 何かが流れてたなぁ。'91年、America の映画です。

1. The Sacred Koran
2. The Sheltering Sky Theme
3. Belly
4. Ports' Composition
5. On The Bed (Dream)
6. Loneliness
7. On The Hill
8. Kyoto
9. Cemetery
10. Dying
11. Market
12. Grand Hotel
13. The Sheltering Sky Theme (piano version)
14. Je Chante - Ryuichi Sakamoto, Charles Trenet
15. Midnight Sun - Ryuichi Sakamoto, Lionel Hampton
16. Fever Ride - Ryuichi Sakamoto, Richard Horowitz
17. Chant Avec Cithare - Ryuichi Sakamoto, Traditional Music O
18. Marnia's Tent - Ryuichi Sakamoto, Richard Horowitz
19. Goulou Limma
20. Happy Bus Ride - Ryuichi Sakamoto, Zarzis
21. Night Train - Ryuichi Sakamoto, Richard Horowitz
nice!(0) 

アウト・オブ・タイム

Hey, I can't find nothin' on the radio
 ヘイ、僕はラジオで何も見つけることができる
Yo! Turn to that station
 よう! その駅に振り向いているんだ

08121103.jpg 1991年、Nirvana の Nevermind が release されました。しかし Michael Stipe は数か月前に "Losing My Religion" や "Low" 等の暗くて夢見るような大打撃と混乱を与えています。Out of Time は jacket からは最悪の物ですが、REM の最高の物になりました。"Radio Song" で冷笑し、活発な "Shiny Happy People" と "Me in Honey" に現れています。まさに bestseller です。

1. Radio Song
2. Losing My Religion
3. Low
4. Near Wild Heaven
5. Endgame [Instrumental]
6. Shiny Happy People
7. Belong
8. Half a World Away
9. Texarkana
10. Country Feedback
11. Me in Honey
nice!(0) 

デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン

08121102.jpg Duke Ellington と John Coltrane の呼んだ両方の巨人、両方が unique な共演をしている style は、全く異なります。これが違和感がないかどうか、素晴らしいのかどうか、滅多に見ないのです。Coltrane の original は、"Big Nick" の音楽だけで、Ellington の世界に任せるようなものを実行しています。Ellington に対する尊敬と愛情の念。この作品の成功要因が単にそれであると言われるかもしれませんが…。

1. In a Sentimental Mood
2. Take the Coltrane
3. Big Nick
4. Stevie
5. My Little Brown Book
6. Angelica
7. The Feeling of Jazz
nice!(0) 

ワイド・プレイリー

I was in Paris, waiting for a flight
 私はパリに行き、飛行を待つ
When this guy came up, to me and said
 この人がやって来たとき、私は言う

08121101.jpg もう亡くなり(1998年)ましたが、Linda McCartney は Wings の一員として、Keyboard や Chorus を担当しました。'81年に Wings が解散してからも、Paul McCartney の片腕として常に同行しています。また Linda は、写真家・料理研究家としての顔も持っていました。なんか凄いなあ。死後には Paul と録音した曲を集めた album Wide Prairie が発売されています。

1. Wild Prairie
2. New Orleans
3. White Coated Man
4. Love's Full Glory
5. I Got Up
6. Light Comes from Within
7. Mr. Sandman
8. Seaside Woman
9. Oriental Nightfish
10. Endless Days
11. Poison Ivy
12. Cow
13. B-Side to Seaside
14. Sugartime
15. Cook of the House
16. Appaloosa
nice!(0) 

ソー

You could have a steam train, if you'd just lay down your tracks
 あなたは蒸気機関車を持っているんだ、ちょうどあなたのトラックを置いていくなら
You could have an aeroplane flying, if you bring your blue sky back
 あなたは飛行機を飛ばせるんだ、あなたの青い空を戻すなら

08121001.jpg Single cut された "Sledgehammer" は、かつて在籍していた Genesis の "Invisible Touch" を1位から引きずり下ろし、1986年7月26日付の Billboard single chart で全米1位に輝きました。Music Video Awards の Best Video に選ばれています。Guitar と synthesizer の込み上げてくる物は原子力の廃墟を呼び起こしそうです。Kate Bush の天国のような "Don't Give Up" は、おそらく Gabriel の最高の ballade だと思います。

1. Red Rain
2. Sledgehammer
3. Don't Give Up
4. That Voice Again
5. Mercy Street
6. Big Time
7. We Do What We're Told (Milgram's 37)
8. This Is The Picture (Excellent Birds)
9. In Your Eyes
nice!(0) 

プリティ・ウーマン/オリジナル・サウンドトラック

Pretty woman, walking down the street
 かわいい人が通りを歩いている
Pretty woman, the kind I like to meet
 かわいい人、ちょっと声を掛けてみようかな

08120902.jpg My Fair Lady を下敷きにした現代版 story の Pretty Woman は、1990年の America 映画で、Garry Marshall 監督・Richard Gere と Julia Roberts 主演の Romantic Comedy です。Roy Orbison の "Oh, Pretty Woman" が主題歌に起用され、big hit となりました。1990年度全米興行収入第1位。Roberts は、この作品で Golden Globe Award for Best Actress - Motion Picture Musical or Comedy を受賞。なお、劇中で見事な body を披露している Roberts ですが、実は代役だとか…。

1. Wild Women Do - Natalie Cole
2. Fame 90 - David Bowie
3. King of Wishful Thinking - Go West
4. Tangled - Jane Wiedlin
5. It Must Have Been Love - Roxette
6. Life in Detail - Robert Palmer
7. No Explanation - Peter Cetera
8. Real Wild Child (Wild One) - Christophe Otcasek
9. Fallen - Lauren Wood
10. Oh, Pretty Woman - Roy Orbison
11. Show Me Your Soul - Red Hot Chili Peppers
nice!(0) 

バンド・オン・ザ・ラン

Stuck inside these four walls, sent inside forever
 4つの壁で閉じられて、永遠に出られない
Never seeing no one nice again like you, mama you, mama you
 決して再びあなたのように素敵な誰にも会うこと、それはママ、あなただ

08120901.jpg 1973年の大傑作です。Band の2人が相次いで止めており、何かしら雰囲気が blue になっている(?)にも関わらず、Paul McCartney はもっと凄い album を作ってしまいました。"Jet" の現し示した surrealism は一番最高の一つになり、Bluebird が pop である間、それが "Mrs. Vandebilt" であるか "Let Me Roll It" かどうかに関係なく、melody は彼の前の solo record のどれよりも首尾一貫しています。Total album としての評価が最も高く、満足度としても最高の地位を保っているのが分かります。

1. Band on the Run
2. Jet
3. Bluebird
4. Mrs. Vandebilt
5. Let Me Roll It
6. Mamunia
7. No Words
8. Helen Wheels
9. Picasso's Last Words (Drink to Me)
10. Nineteen Hundred and Eighty Five
nice!(0) 

ビッチェズ・ブリュー

08112401.jpg Miles Davis は1991年に亡くなりましたが、'26年 Illinois, America の生まれです。New York の The Juilliard School に入学し、Charles Parker に師事しました。'48年に Gil Evans と出会い、album を制作しました。'50年代前半は麻薬に溺れて遠ざかっていましたが立ち直り、名作 Kind Of Blue を発表しました。そして'60年代に Joe Zawinul と、4 beat から8 beat の rhythm を駆使して Bitches Brew を発表、Jazz Fusion の先駆けを作りました。

A1. Pharaoh's Dance
B1. Bitches Brew
C1. Spanish Key
C2. John McLaughlin
D1. Miles Runs the Voodoo Down
D2. Sanctuary
nice!(0) 

ビルディング・ザ・パーフェクト・ビースト

Nobody on the road, nobody on the beach
 道の上は誰もない、浜辺の上も誰もない
I feel it in the air, the summers out of reach
 空で僕はそれを感じる、手の届かない所の夏

08112606.jpg Eagles の顔 Don Henley は、Linda Ronstadt の back band を経て、Glenn Frey と共に1971年に album の Eagles を release しました。その後 Hotel California や The Long Run 等に関わりやがて解散しましたが、15年後 Glenn Frey やその同僚と共に再結成しました。あぁ、僕も live に行きたいなぁ。なお Eagles 解散後の'82年からは solo 活動を開始していて、'84年の single の "The Boys Of Summer" は、全米5位を記録し、Grammy Award の 男性 の Best Rock Vocal 部門を受賞しました。

1. Boys of Summer
2. You Can't Make Love
3. Man With a Mission
4. You're Not Drinking Enough
5. Not Enough Love in the World
6. Building the Perfect Beast
7. All She Wants to Do Is Dance
8. Month of Sundays
9. Sunset Grill
10. Drivin' With Your Eyes Closed
11. Land of the Living
nice!(0) 

ダイ・ハード/オリジナル・サウンドトラック

08112701.jpg 1988年、America の映画です。NY市警の John McClane は、Los Angeles にある妻の Holly McClane が、西海岸に進出した日系企業で認められて成功していて、その竣工中の超高層ビルで開かれる Christmas party に夫を招待しました。しかし party 会場に乱入した男達の leader は Hans Gruber と名乗り、社員たち全員を人質に取ったと宣言します。John McClane は強盗 group からは逃れるものの、外部との連絡を遮断され応援も望めない中で、一丁しかない拳銃と刑事として鍛えた頭脳を武器に、Christmas の夜に死闘を繰り広げます…。まぁ、見て。格好いいよ。

1. The Nakatomi Plaza
2. Gruber's Arrival
3. John's Escape / You Want Money?
4. The Tower
5. The Roof
6. The Fight
7. He Won't Be Joining Us
8. And If He Alters It?
9. Going After John Again
10. Have A Few Laughs
11. Welcome To The Party
12. TV Station / His Bag Is Missing
13. Assault On The Tower
14. John Is Found Out
15. Attention Police
16. Bill Clay
17. I Had An Accident
18. Ode To Joy
19. The Battle
20. Gruber's Departure
21. Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。