So-net無料ブログ作成

ゲット・ラッキー

Everybody's working for the weekend, everybody wants a little romance
 週末の間のみんなの作業、誰でも少しのロマンスを望む
Everybody's goin' off the deep end, everybody needs a second chance
 遠い終わりを離れたみんなの状況、誰でも第2のチャンスが必要

09032601.jpg Canada の Vancouver から来た5人組の Loverboy が、1981年に発表した2つ目の album です。Heavy な sound を持った pop な rock を展開していています。Orthodox な Rock'n'roll で、まさに American の美しさをギュッと濃縮していますね。Album は2年以上の間 chart in して、Billboard 200 album chart の内で7位に rank し、America で400万部以上を売りました。"Working for the Weekend," "When It's Over, Lucky Ones" そして "Take Me to the Top" が hit しました。

A1. Working For The Weekend
A2. When It's Over
A3. Jump
A4. Gangs In The Street
A5. Emotional
B1. Lucky Ones
B2. It's Your Life
B3. Watch Out
B4. Take Me To The Top
nice!(0) 

ワインライト

Just the two of us
 ちょうど僕らの2人
We can make it if we try
 僕らが試みるならばたどり着くことができる

09032401.jpg 気だるい vocal に歌う saxophone と snare drum の音、そして electric piano の雰囲気、まあ当時流行したいわゆる adult な black fusion みたいな物です。全米 album chart の5位に rank された big hit album で、single cut した "Just the Two of Us" は Bill Withers を feature もの。Billboard の chart で最高2位に rank されました。Richard Tee, Eric Gale, Steve Gadd といった元 Stuff の member が参加しています。

A1. Winelight
A2. Let It Flow (For Dr. J)
A3. In the Name of Love
B1. Take Me There
B2. Just the Two of Us
B3. Make Me a Memory (Sad Samba)
nice!(0) 

ラヴ・ストーリーズ

When I fall in love, it will be forever
 私が恋に落ちるとき、それは永久
Or I'll never fall in love
 でも私は決して恋はしない

09032301.jpg Disney の theme song の Beauty and the Beast で Grammy Award を受賞した、Celine Dion の1993年の album です。"The Power of Love" は Jennifer Rush の、"When I Fall in Love" はご存知 Nat King Cole の cover です。その他 David Foster や計6名の producer を迎え、title 通り珠玉の love song が散りばめられています。

1. The Power of Love
2. Misled
3. Think Twice
4. Only One Road
5. Everybody's Talkin' My Baby Down
6. Next Plane Out
7. Real Emotion
8. When I Fall in Love
9. Love Doesn't Ask Why
10. Refuse to Dance
11. I Remember L.A.
12. No Living Without Loving You
13. Lovin' Proof
14. Just Walk Away
15. Colour of My Love
nice!(0) 

ショータイム

Oh do I love you with all my heart
 ああ、僕は僕のすべての心であなたを愛している
I do, I do now, yes I do
 僕がする、僕はする、僕はするんだ

09032202.jpg 1982年に Detroit で行なわれた The J. Geils Band の live です。EMI に移籍して hit を連発していた頃の全盛期の、uptown horns を加えた演奏ですね。歌の後半には Peter Wolf の熱唱が聞こえてくるようです。"I Do" の Do, do, do, do とか、"Centerfold" の Na na na na na na とか、"Land Of A Thousand Dances"(これは多分 Fats Domino か?)の Na na-na-na-na とかなんて、まさに素敵ですね。Wolf 在籍時のごく最後の live ということでも貴重ですが、何よりも胸のすくような豪快さにひかれます。

A1. Jus' Can't Stop Me
A2. Just Can't Wait
A3. Till the Walls Come Tumblin' Down
A4. Sanctuary
A5. I'm Falling
A6. Love Rap
B1. Love Stinks
B2. Stoop Down #39
B3. I Do
B4. Centerfold
B5. Land of a Thousand Dances
nice!(0) 

フラッシュダンス/オリジナル・サウンドトラック

What a feeling, bein's believin'
 (そんな)感覚、存在を信じている
I can't have it all, now I'm dancin' for my life
 私が私の人生のために踊っている今、私はそれのすべてを持つことができない

13092501.jpg Flashdance は、1983年の America 映画で、Jazz dance や breakin' などの軽快な soundtrack が印象的の青春映画です。Irene Cara の映画主題歌 Flashdance...What a Feeling は、Academy Awards で歌曲賞を受賞し、世界的な big hit を記録しました。また、Giorgio Moroder が produce し、Laura Branigan(故), Donna Summer(故), Kim Carnes などの多数の artist が参加した soundtrack も、Billboard の album chart で1位を獲得し同様に big hit です。

A1. Flashdance...What a Feeling
A2. He's a Dream
A3. Love Theme from Flashdance
A4. Manhunt
A5. Lady, Lady, Lady
B1. Imagination
B2. Romeo
B3. Seduce Me Tonight
B4. I'll Be Here Where the Heart Is
B5. Maniac
nice!(0) 

ロックン・ロール・ミュージック

Just let me hear some of that rock'n'roll music, any old way you choose it
 ちょっとそのロックンロールの音楽のいくつかを聞かせてくれ、あなたがそれを選ぶどんな方法でも
It's got a backbeat, you can't lose it, any old time you use it
 それにはバックビートを、あなたがそれを使うどんな時でも、あなたは失うことができない

09032001.jpg Chuck Berry を敬愛していた The Beatles の John Lennon は、「Rock'n'Roll に別の名前を与えるとすれば、それは Chuck Berry だ」と発言しています。その The Beatles の Rock'n'Roll Music は、1976年の album です。多くの musician による典型の Rock'n'Roll と考えられる、Beatles track から成る release された compilation album です。Rock の spirit がぎっしり。

A1. Twist and Shout
A2. I Saw Her Standing There
A3. You Can't Do That
A4. I Wanna Be Your Man
A5. I Call Your Name
A6. Boys
A7. Long Tall Sally
B1. Rock and Roll Music
B2. Slow Down
B3. Kansas City / Hey, Hey, Hey, Hey
B4. Money (That's What I Want)
B5. Bad Boy
B6. Matchbox
B7. Roll Over Beethoven
C1. Dizzy Miss Lizzy
C2. Any Time at All
C3. Drive My Car
C4. Everybody's Trying to Be My Baby
C5. The Night Before
C6. I'm Down
C7. Revolution
D1. Back in the U.S.S.R.
D2. Helter Skelter
D3. Taxman
D4. Got to Get You into My Life
D5. Hey Bulldog
D6. Birthday
D7. Get Back (album version)
nice!(0) 

青春のアイドル

Give a little love, take a little love
 少しの愛を与えて、少しの愛を抱いて
Be prepared to forsake a little love
 少しの愛を放棄する用意ができてくる

09031901.jpg 1975年、Bay City Rollers は Wouldn't You Like It? を発表し、全世界で人気が爆発、社会現象になるほど彼らに熱狂する teen-ager が急増しました。予約だけで million hit を獲得です。"Give a Little Love" が全英1位。日本では "Saturday Night" を収録していますが、これは'76年にみごと全米1位になる big hit を記録しています。

A1. I Only Wanna Dance With You
A2. Don't Stop The Music
A3. Shanghai'd In Love
A4. Love Is....
A5. Maybe I'm A Fool To Love You
A6. Too Young To Rock And Roll
B1. Saturday Night
B2. Give A Little Love
B3. Wouldn't You Like It?
B4. Here Comes That Feeling Again
B5. Lovely To See You
B6. Eagles Fly
B7. Derek's End Piece
nice!(0) 

ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ

And what costume shall the poor girl wear to all tomorrow's parties
 貧しい女の子はすべて、明日のパーティーにどんな服装を着る
A hand-me-down dress from who knows where to all tomorrow's parties
 誰がお下がりの服を着る、明日がすべてにどこでパーティーであるかわかっているかと言うので

09031801.jpg 何年も前のことですが、妻と2人で軽井沢に出かけました。セゾ○現代美術館には、Andy Warhol が誇らしげに掛かってました。ああ合掌。さてその1967年 Warhol が produce し、avant-garde な演奏の The Velvet Underground に、Germany 出身の eccentric な vocalist の Nico の、debut album です。Album jacket も自ら design し、あの有名な banana の jacket が誕生しました。まあしかし heroin はダメよ。

A1. Sunday Morning
A2. I'm Waiting for the Man
A3. Femme Fatale
A4. Venus in Furs
A5. Run Run Run
A6. All Tomorrow's Parties
B1. Heroin
B2. There She Goes Again
B3. I'll Be Your Mirror
B4. Black Angel's Death Song
B5. European Son
nice!(0) 

フロンティアーズ

Here we stand, worlds apart, hearts broken in two, two, two
 ここで我々は、離れた世界で、2つの壊れた心に耐える
Sleepless nights, losing ground, I'm reaching for you, you, you
 眠れない夜、歯ぎしりに目覚めて、僕はあなたの方に手を伸ばしている

09031601.jpg 1983年発表。Escape に続く big hit album です。前作の成功で一躍全米 No.1 group の地位を獲得した Journey が、自信を持って制作した album で、全米で9週連続2位に chart in し、platinum disc に認定されました。Single の "Separate Ways (Worlds Apart)" は最高8位など、4曲の Top 40 hit を生み出します。Rock'n'roll number から ballade に至るまでの variety に富んだ構成は、band の息のあった演奏により、娯楽性の高い出来上がりとなりました。

A1. Separate Ways (Worlds Apart)
A2. Send Her My Love
A3. Chain Reaction
A4. After the Fall
A5. Faithfully
B1. Edge of the Blade
B2. Troubled Child
B3. Back Talk
B4. Frontiers
B5. Rubicon
nice!(0) 

クール

09031701.jpg 以前九州にインターハイから帰って、生徒を1日休みにして、僕は無性に Fusion とかが聴きたくて京都に行きました。そして四条烏丸の南には以前 CD shop があって(あれから一度倒産したかな? まあ移転して何処か言ってしまいましたが…)、そこで幾つも買ってきましたが、これも Earl Klugh と Bob James の collaboration です。Jacket も何かウキウキしています。爽やかで心地よく、朝の目覚めの時間にいいかも。1992年発売。

1. Movin' On
2. As It Happens
3. So Much in Common
4. Fugitive Life
5. Night That Love Came Back
6. Sweet Wishes
7. New York Samba
8. Handara
9. Sponge
10. Terpsichore
11. San Diego Stomp
12. Miniature
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。