So-net無料ブログ作成
検索選択

ムーンライティング

09071504.jpg 爽やかな風を運んでいる The Rippingtons の、第1回目の album Moonlighting です。"She Likes to Watch" の sax は何と Kenny G が吹いています。また "Mirage" は David Benoit が共演して、The Benoit/Freeman Project でも再演しました。Album jacket は Bill Meyer が担当しています。1回目は半分だけでしたが、2回目からは全ての page に Jazz Cat を design 取り入れています。

1. Moonlighting
2. She Likes to Watch
3. Angela
4. Dreams
5. Mirage
6. Calypso Cafe
7. Open All Night
8. Intimate Strangers
nice!(0) 

アーバン・ヒムス

'Cause it's a bittersweet symphony this life
 それがこの人生でほろ苦いシンフォニーであるから
Trying to make ends meet, you're a slave to the money then you die
 収支を合わせようとすると、あなたはお金の奴隷で、あなたは死ぬ

09071409.jpg Oasis とは中が良い The Verve は、1989年に結成されて、当初は Verve だけを名乗っていました。でも America の jazz の Verve record が naming の権利を主張したために、"The" Verve" に変更しています。知的な詩が印象的です。'97年に third album Urban Hymns を発表、'99年に解散を宣言しその活動に幕を下ろしましたが、2007年に再結成しています。'97年の Urban Hymns は全英14週1位・全米23位で、single "Bittersweet Symphony" は全英2位・全米12位。

1. Bittersweet Symphony
2. Sonnet
3. The Rolling People
4. Drugs Don't Work
5. Catching the Butterfly
6. Neon Wilderness
7. Space and Time
8. Weeping Willow
9. Lucky Man
10. One Day
11. This Time
12. Velvet Morning
13. Lord I Guess I'll Never Know
14. Come On
15. Deep Freeze
nice!(0) 

ブレイク・アウト

No way to control it, it's totally automatic
 それを支配する方法でない、全く自動
Whenever you're around
 あなたがまわりにいるときはいつでも

09071402.jpg The Pointer Sisters は何と兄はプロ野球選手で、日本でも play 経験があったそうです。知らなかった…。でも The Pointer Sisters ももう古いからねぇ(一人病気で死去したそうです)。さてこれは1983年の発表の album です。"Automatic", "Jump (For My Love)", "Neutron Dance", "Dare Me" と立て続けに hit を放ち、全盛期を極めた The Pointer Sisters で、残念なから "I'm So Excited" は入っていませんが、'88年に改訂されて入りました。

A1. Jump (For My Love)
A2. Automatic
A3. Baby Come and Get It
A4. I Need You
A5. Dance Electric
B1. Neutron Dance
B2. Easy Persuasion
B3. Nightline
B4. Telegraph Your Love
B5. Operator
nice!(0) 

アストラ

My direction is changing, which way, which way can I go
 僕の方向を変えている、そしてどちらの方向で僕は行くことができるか
Get up and go
 起きてくれ、そして行け

09071301.jpg 1985年発表。よく映画館に、Lucasfilm の THX が誇らしげに飾られているのを見ます。その sound logo は何と "Countdown to Zero" で、Asia の曲です。"Countdown to Zero" は3枚目の album Astra といって、Steve Howe が2枚目で脱退し、John Wettonheavy 志向に比重が増えているのが特徴です。その第1弾が "Go" で、SF の sound が格好いい曲ですね。

A1. Go
A2. Voice of America
A3. Hard on Me
A4. Wishing
A5. Rock and Roll Dream
B1. Countdown to Zero
B2. Love Now Till Eternity
B3. Too Late
B4. Suspicion
B5. After the War
nice!(0) 

ハリー・ポッターと秘密の部屋/オリジナル・サウンドトラック

09071201.jpg 僕は Harry Potter は、第2作目の Harry Potter and the Chamber of Secrets が明るい感じで大人でも子供でも楽しめる映画かなと思います。まあ大きな蜘蛛の Aragog とか大きな蛇の Basilisk とかが、ちょっと気持ち悪いですけど。嘆きの Myrtle の幽霊には笑えますね。最後の Dobby は Harry の援護で靴下を取り戻しました。そして最後の最後に Lockhart が入院中です。 最後の最後なので覚えているかな?

1. Prologue: Book II And The Escape From The Dursleys
2. Fawkes The Phoenix
3. The Chamber Of Secrets
4. Gilderoy Lockhart
5. The Flying Car
6. Knockturn Alley
7. Introducing Colin
8. The Dueling Club
9. Dobby The House Elf
10. The Spiders
11. Moaning Myrtle
12. Meeting Aragog
13. Fawkes Is Reborn
14. Meeting Tom Riddle
15. Cornish Pixies
16. Polyjuice Potion
17. Cakes For Crabbe And Goyle
18. Dueling The Basilisk
19. Reunion Of Friends
20. Harry's Wondrous World
nice!(0) 

ザ・ヒッツ

And I'm gonna keep on lovin' you, cause it's the only thing I wanna do
 そして僕はあなたを愛してい続けるつもりだ、唯一したいことがあるので
I don't wanna sleep, I just wanna keep on lovin' you
 僕は眠りたくない、ちょうどあなたを愛してい続けたいだけ

09071101.jpg REO Speedwagon の CD を聴きました。1988年と言うからこれは REO の絶頂期ですね。"Keep on Loving You" の切ない ballade や、"Can'T Fight This Feeling" のような popmelody もたまらない美しい曲、"Don't Let Him Go" の爆発的な image など、本当に見事です。"In Your Letter" や "Keep the Fire Burnin'" が無いのがちょっと寂しいですけど、LP と CD の過渡期でまあ仕方がないか…。

1. I Don't Want to Lose You
2. Here With Me
3. Roll With the Changes
4. Keep on Loving You
5. That Ain't Love
6. Take It on the Run
7. In My Dreams
8. Don't Let Him Go
9. Can't Fight This Feeling
10. Keep Pushin'
11. Time For Me to Fly
12. One Lonely Night
13. Back on the Road Again
14. Ridin' the Storm Out
nice!(0) 

サックス・ア・ゴー・ゴー

09070907.jpg Candy Dulfer は1969年 Amsterdam の生まれで、父親 Hans は Holland を代表する saxophone 奏者です。父に連れられ幼い頃から jazz club などに出入りし、11歳に早くも父親の band に加わり sax を play し、'88年には Madonna と Prince の Holland 公演の前座を務め、この評判から Dave Stewart が映画 Lily Was Here の theme を起用しました。'93年の第2作 Sax-A-Go-Go では、Maceo Parker や Tower of Power horns と熱烈な funk music を展開しています。

1. 2 Funky
2. Sax-A-Go-Go
3. Mister Marvin
4. Man in the Desert
5. Bob's Jazz
6. Jamming
7. I Can't Make You Love Me
8. Pick Up the Pieces
9. Compared to What
10. Sunday Afternoon
nice!(0) 

ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)

Desmond has his barrow in the market place
 デズモンドは市場で彼の手押し車を持っている
Molly is the singer in a band
 モリーはバンドの歌手 (by "Ob-La-Di, Ob-La-Da")

09070802.jpg 1968年に発売された The Beatles の album の The Beatles (The White Album) を、僕は久しぶりに聴きました。"Back in the U.S.S.R." は Soviet と The Beach Boys の parody です。"Ob-La-Di, Ob-La-Da" は英国や America では single でありませんでしたが、日本では唯一 single として出ました。これは僕も持っています。"While My Guitar Gently Weeps" は Eric Clapton の泣きの guitar が綺麗ですね。"I will" は、Linda McCartney に捧げる ballade です。"Helter Skelter" は Pat Benatar でお馴染み。Paul は日本でも演奏しましたね。そして The Manhattan Transfer でもお馴染みの "Good Night" で終わりました。

A1. Back in the U.S.S.R.
A2. Dear Prudence
A3. Glass Onion
A4. Ob-La-Di, Ob-La-Da
A5. Wild Honey Pie
A6. Continuing Story of Bungalow Bill
A7. While My Guitar Gently Weeps
A8. Happiness Is a Warm Gun
B1. Martha My Dear
B2. I'm So Tired
B3. Blackbird
B4. Piggies
B5. Rocky Raccoon
B6. Don't Pass Me By
B7. Why Don't We Do It in the Road?
B8. I Will
B9. Julia
C1. Birthday
C2. Yer Blues
C3. Mother Nature's Son
C4. Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey
C5. Sexy Sadie
C6. Helter Skelter
C7. Long, Long, Long
D1. Revolution 1
C2. Honey Pie
C3. Savoy Truffle
C4. Cry Baby Cry
C5. Revolution 9
C6. Good Night
nice!(0) 

エム-ティー-ブイ・アンプラグド

You and I must make a pact, we must bring salvation back
 あなたと私は約束しなければ、救いを求めなければならない
Where there is love, I'll be there
 愛がある所で、私がそこにいる

09070801.jpg 録画のTVでStevie Wonder や Lionel Richie と共に Mariah Carey も歌っていましたが、これは "MTV Unplugged" で出てた "I'll Be There" です。

1. Emotions
2. If It's Over
3. Someday
4. Vision of Love
5. Make It Happen
6. I'll Be There (Featuring Trey Lorenz)
7. Can't Let Go
nice!(0) 

ベガーズ・バンケット

Please allow me to introduce myself, I'm a man of wealth and taste
 自己紹介させてくれ、僕は富豪と趣味の男
I've been around for long, long years, stole many man's soul and faith
 僕は長い長い年々に世慣れた人、多くの男性の魂と信頼を盗むのだ (by "Sympathy for the Devil")

09070609.jpg Beggars Banquet は1968年の The Rolling Stones の album です。A面1曲の "Sympathy for the Devil" は、Sambarhythm で始まります。Samba は原始 Africa や Latin America の rhythm のような惑乱的な groove を持ち、これら rhythm に呪術的な chorus が加わり、曲全体の雰囲気を醸し出しています。ちょうど 007 の "Live And Let Die" の曲調に似ています(ただし Paul McCartney & Wings のような rock とは違って)。

A1. Sympathy for the Devil
A2. No Expectations
A3. Dear Doctor
A4. Parachute Woman
A5. Jigsaw Puzzle
B1. Street Fighting Man
B2. Prodigal Son
B3. Stray Cat Blues
B4. Factory Girl
B5. Salt of the Earth
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。