So-net無料ブログ作成

おしゃべり魔女

What you gonna do when you get out of jail?
 行くことはあなたをなんと刑務所から出る時にするのか?
I'm gonna have some fun, what do you consider fun?
 私は若干の楽しみがあるつもりで、あなたは何を楽しみと考えるのか? (by Genius of Love)

09081302.jpg Talking Heads の bass の Tina Weymouth と drum の Chris Frantz は、1981年に Tom Tom Club を結成し、Talking Heads で導入した polyrhythm の実験を押し進めました。Band 名を冠した debut 作で、この夫婦 unit は、都会的で芸術的な New Wave の要素を mix させ、うち "Genius of Love" と "Wordy Rappinghood" の2曲を dance floor で big hit させました。

A1. Wordy Rappinghood
A2. Genius of Love
A3. Tom Tom Theme
A4. L'Elephant
B1. As Above, So Below
B2. Lorelei
B3. On, on, on, on...
B4. Booming and Zooming
nice!(0) 

ふたりのイエスタディ

Just close your eyes and then remember, the thoughts you've locked away
 ちょっと目を閉じてそれから覚えていてくれ、あなたがしまい込んだ考え
When tomorrow comes you'll wish, you had today
 明日が来るときあなたは望む、あなたは今日を持つ (by Since Yesterday)

09081201.jpg Strawberry Switchblade という名前の duo ですが、もう解散しましたね。イギリスの Glasgow 出身の Rose McDowall と Jill Bryson の2人で、psychedelic な cosmetics が印象的でした。Major debut の "Since Yeserday" が全英5位の big hit を記録し、同曲も集録された album Strawberry Switchblade も全英22位を記録しました。1985年発売。

1. Since Yesterday
2. Deep Water
3. Another Day
4. Little River
5. 10 James Orr Street
6. Let Her Go
7. Who Knows What Love Is?
8. Go Away
9. Secrets
10. Who Knows What Love Is? (Replied)
11. Being Cold
nice!(0) 

オール・シーズンズ・オブ・ジョージ・ウィンストン

09081101.jpg 改めて四季をならべて聴いてみると、季節感が出ていて中々面白いです。春は新しい予感を感じさせて、夏は躍動感があり、秋は近づく冬を想いながら哀愁が漂い、冬は冷たさと同時にどこかしら寂しさをも感じさせます。George Winston の、なんと贅沢な piano album だと思います。心洗われるような瑞々しい piano の旋律を聴いていると、森の中の oasis にいるようです。つい BGM として聴いてしまいがちですが、頭を空っぽにして浸ってみるのも良いのでは…。1998年発売。

1. Colors / Dance
2. Venice Dreamer, Pt. 2
3. Living in the Country
4. Cradle [Live]
5. Joy
6. Treat Street
7. Variations on the Kanon by Pachelbel
8. Thanksgiving
9. Miles City Train
10. Corrina, Corrina
11. Hummingbird
12. Longing/Love
13. Cast Your Fate to the Wind
14. Sandman
15. Snowman's Music Box Dance
16. Northern Plains
17. Sleep, Baby Mine
18. Evening Song
nice!(0) 

ブリゲイド

All I wanna do is make love to you
 私がしたいすべては、あなたと愛しあうこと
Say you will, you want me too
 そうするとあなたが言って、私もあなたが欲しい

09080901.jpg 1980年代後半に絶頂期を迎えた Heart は'90年に album Brigade を発売しましたが、これが全米3位。Single の "All I Wanna Do Is Make Love to You" が全米2位、"Stranded" が全米13位です。"All I Wanna Do Is Make Love to You" は、もうちょっとで1位になれたので残念ですね(1位は Madonna の "Vogue" です)。"Stranded" は Nancy Wilson が vocal です。

1. Wild Child
2. All I Wanna Do Is Make Love to You
3. Secret
4. Tall, Dark Handsome Stranger
5. I Didn't Want to Need You
6. Night
7. Fallen from Grace
8. Under the Sky
9. Cruel Nights
10. Stranded
11. Call of the Wild
12. I Want Your World to Turn
13. I Love You
nice!(0) 

ザ・ベスト!!

Some guys have all the luck
 一部の人々はすべての運を持つ
Some guys have all the fun
 一部の人々にはすべての楽しみがある

09080801.jpg Robert Palmer は、2003年に亡くなりましたが、"Bad Case of Loving You" や "Some Like It Hot" や、そして "Addicted to Love" が big hit して、とにかく格好いい vocal だったですね。'80年代を代表する伊達男、独特の雰囲気をもった nice middle です。"Some Guys Have All the Luck" は Rod Stewart も cover しました。

1. Bad Case of Loving You (Doctor, Doctor)
2. Pride
3. Addicted to Love
4. Sweet Lies
5. Woke Up Laughing
6. Looking for Clues
7. Some Guys Have All the Luck
8. Some Like It Hot
9. What's It Take?
10. Every Kinda People
11. Johnny & Mary
12. Simply Irresistible
13. Style Kills
nice!(0) 

ナイロン・カーテン

We met as soul mates on Parris Island, we left as inmates from an asylum
 我々はパリス島の心の友として会い、精神病院からの収容者として去った
And we were sharp, as sharp as knives, and we were so gung ho to lay down our lives
 そして我々はナイフと同じくらい鋭かったし、我々の命を置くためにとても忠誠を尽くした (by Goodnight Saigon)

09071501.jpg Billy Joel の The Nylon Curtain は、1982年に発売されています。第1弾の single "Pressure" は全米20位、第2弾は "Allentown" で全米17位、そして第3弾の "Goodnight Saigon" は全米56位です。全体的に辛辣で、America が当時抱えていた社会問題を theme にした極めて serious な作品になっています。Rolling Stone 誌は "Goodnight Saigon" を、「Vietnam War に対する pop music による究極の碑文として記憶されるだろう」と評しています。

A1. Allentown
A2. Laura
A3. Pressure
A4. Goodnight Saigon
B1. She's Right on Time
B2. Room of Our Own
B3. Surprises
B4. Scandinavian Skies
B5. Where's the Orchestra?
nice!(0) 

永遠の愛の炎

Another night slowly closes in, and I feel so lonely
 もう一つの夜はゆっくり襲っている、そして僕はとても孤独であると感じる
Touching heat freezing on my skin, I pretend you still hold me
 僕の皮膚の上で凍っている感動的な熱、僕はあなたがまだ僕を抱くと偽る (by The Flame)

09080701.jpg 結成10年の1980年、Cheap Trick の11作目で、album は全米16位になりました。Ballade の "The Flame" が第1弾 single として release され、band にとって初の全米1位獲得。第2弾は Elvis Presley の cover "Don't Be Cruel" で、全米4位です(この B 面は "I Know What I Want" の live で10年前の曲)。あと "Ghost Town" やその他の計3曲も hit です。

A1. Let Go
A2. No Mercy
A3. The Flame
A4. Space
A5. Never Had a Lot to Lose
B1. Don't Be Cruel
B2. Wrong Side of Love
B3. All We Need Is a Dream
B4. Ghost Town
B5. All Wound Up
nice!(0) 

サード・ステージ

I'm gonna take you by surprise, and make you realize, Amanda
 僕は驚いてあなたを連れて行くつもりだ、そしてわからせてくれ、アマンダ
I'm gonna tell you right away, I can't wait another day, Amanda
 僕はすぐにあなたに言うつもりだ、僕はもう一日待つことができない、アマンダ

09080601.jpg Third Stage は1986年の Boston の album です。僕は先生(残念ながら男です)と2人で京都に出かけたときに日本よりも先に買って、ホクホクと帰りました。もう何年も何年も前の話ですが…。この Third Stage は全米4週間連続1位、single の "Amanda" は全米2週間1位です。"We're Ready" が全米9位、"Can'tcha Say (You Believe In Me)" が全米20位となっています。

A1. Amanda
A2. We're Ready
A3. Launch
A4. Cool the Engines
A5. My Destination
B1. A New World
B2. To Be a Man
B3. I Think I Like It
B4. Can'tcha Say (You Believe in Me)
B5. Still in Love
B6. Hollyann
nice!(0) 

武満徹:黒い雨/利休

09080501.jpg 武満徹さんは、1996年に亡くなりましたが、classic の分野で日本を代表する作曲家でした。そして映画音楽でも沢山作曲していました。そのなかにある「黒い雨」は井伏鱒二の小説で、原爆の恐怖と悲劇を描いた作品です。「黒い雨」とは原子爆弾炸裂のときに泥・ほこり・すすなどを含んだ重油のような粘り気のある大粒の雨で、「死の灰(fallout)」とも言われています。今村昌平さんはあえて monochrome にして、被爆 scene・炸裂する原子爆弾・立ち上るキノコ雲・爆心地に転がる黒焦げの焼死体など、real に再現しています。

1. Music from Rikyu
2. Music of Training and Rest [From Jose Torres]
3. Funeral Music (From Black Rain)
4. Waltz from the Face of Another
5. Music from Harakiri
6. Music from the Banished Orin
7. Music from the Kaseki (The Fossil)
8. Music from Empire of Passion
9. Music from Dodes'kaden
10. Music from Woman in the Dunes
nice!(0) 

きらめく光のように

And we'll be making a good thing better
 そして私達はよいことを果たしている
But with luck it's gonna last forever
 しかしうまく行けばそれは永遠に続きそう

09080401.jpg Olivia Newton-John は1977年に Making a Good Thing Better を発売しましたが、全米34位で止まってしまいました。でも何でかな~、僕は好きなのに。これの Making a Good Thing Better は杏里でもお馴染みです。"Ring of Fire" は Johnny Cash の'63年の歌、"Don't Cry For Me, Argentina" は Andrew Lloyd Webber の曲で、The Carpenters や Madonna でも hit しました。

A1. Making a Good Thing Better
A2. Slow Dancing
A3. Ring of Fire
A4. Collin' Down
A5. Do'nt Cry for Me Argentina [From Evita]
B1. Sad Songs
B2. You Won't See Me Cry
B3. So Easy to Begin
B4. I Think I'll Say Goodbye
B5. Don't Ask a Friend
B6. If Love Is Real
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。