So-net無料ブログ作成

ブリッジズ・トゥ・バビロン

Angie, Angie, when will those clouds all disappear?
 アンジー、アンジー、それらの雲はいつすべて消えるか?
Angie, Angie, where will it lead us from here?
 アンジー、アンジー、それはここからどこに僕たちを案内するのか?

09101603.jpg DVD も同様にあるのですが、これは The Rolling Stones Bridges to Babylon Tour と銘打った公演で、CD とは全く違う奴です。CD は1997年に Los Angeles で録音した物で、日本では東京ドームでの live "Angie" が入っています。"Anybody Seen My Baby?" は K.D. Lang の "Constant Craving" を sampling した物を使っています。Album は全米3位・全英6位になりました。

1. Flip the Switch
2. Anybody Seen My Baby?
3. Low Down
4. Already Over Me
5. Gunface
6. You Don't Have to Mean It
7. Out of Control
8. Saint of Me
9. Might as Well Get Juiced
10. Always Suffering
11. Too Tight
12. Thief in the Night
13. How Can I Stop
14. Angie
nice!(0) 

ベートーベン/交響曲第4番・第5番

09101109.jpg Ludwig van Beethoven の交響曲第4番は、1806年に完成され、'07年に初演されました。健康的で明るく、幸福に満ちた美しい曲です。また交響曲第5番「運命」は、'04年から'08年と言う約5年間の歳月を掛けて完成されました。もう芸術作品の1つですね。総譜は Mendelssohn が Leipzig の Gewandhaus を最初に指揮した時の演奏会にも用いられ、Berlin の Mendelssohn 家の蔵するところになりました。

Symphonies No.4 / No.5
Leipzig Gewandhaus Orchester
Franz Konwitschny
nice!(0) 

リボルバー

I was alone, I took a ride, I didn't know what I would find there
 僕は一人で、乗車をし、僕が何をそこで見つけるかわからなかった
Another road where maybe I could see another kind of mind there
 多分僕がもう一種類の心をそこで見ることができただろうもう一つの道を (by Got To Get You Into My Life)

09101201.jpg Revolver は、1966年に release れた、The Beatles の7作目の original album です。全英・全米1位を獲得。Recording は'66年4月から6月にかけて行われました。John Lennon と Paul McCartney だけでなく、初めて George Harrison の曲が3曲も収録されています。Jacket design は、Hamburg 時代の友人 Klaus Voormann によるもので、4人の写真を切り張りした上に4人の絵を書き込んでおり、現在でも多くの artist が hommage しています。

1. Taxman
2. Eleanor Rigby
3. I'm Only Sleeping
4. Love You To
5. Here, There and Everywhere
6. Yellow Submarine
7. She Said She Said
8. Good Day Sunshine
9. And Your Bird Can Sing
10. For No One
11. Doctor Robert
12. I Want to Tell You
13. Got to Get You into My Life
14. Tomorrow Never Knows
nice!(0) 

キッス・ザ・スカイII

09101101.jpg Paul Hardcastle は1957年 London 生まれで、10代の頃に audio shop で働きながら次第に電子楽器に興味を持ち始め、synthesizer を独学で master しました。'85年 Chrysalis Records と契約、ここで世界的な big hit "19" を生み、Vietnam 戦争を題材にしたこの曲は、全英 chart で堂々の1位・全米15位を記録しました。'91年に Kiss The Sky の debut album の Kiss The Sky を発表、Jackie Graham を vocal に迎えた "Livin' For You" が hit し、その後も快進撃は続き、'94年に 2nd album の Kiss The Sky II を発表、big hit を記録、hit maker としての地位を不動のものにしました。

1. It's Because Of You
2. Don't Take Your Love Away
3. Got To Be Love
4. Always Remember
5. Millennium Sky Way
6. Do You Mean What You Say
7. Don't Walk Away
8. Life Will Not Be The Same
9. Sorry
10. Windows Of My Life
11. Welcome To Japan
12. Livin' For You ("Lovin' You" Sampling Version)
nice!(0) 

バッド・イングリッシュ

When I see you smile, I can face the world
 僕はあなたが微笑むのを見るとき、僕は世界に向くことができる
You know I can do anything
 あなたは僕が何でもすることができるのを知っている

09101001.jpg 手球の中心から外れた撞点を突き、手球に左右の回転を与えること、即ち「捻り」を、English と言います。The Babys の John Waite と Ricky Phillips に、The Babys から Journey と渡り歩いた Jonathan Cain に、Journey の guitar の Neal Schon が組んで、Bad English を結成しました。1988年のことです。Single の "When I See You Smile" が全米1位、"Price of Love" が全米5位、album の Bad English が全米21位です。あと The Babys は空中分解したと思っていましたが、どっこい生きていました。

1. Best of What I Got
2. Heaven Is a 4 Letter Word
3. Possession
4. Forget Me Not
5. When I See You Smile
6. Tough Times Don't Last
7. Ghost in Your Heart
8. Price of Love
9. Ready When You Are
10. Lay Down
11. Restless Ones
12. Rockin' Horse
13. Don't Walk Away
nice!(0) 

ノー・ブレイクス

I ain't missing you at all since you've been gone away
 僕はあなたがいなくても寂しくない、あなたがすべてを離れてなくても
I ain't missing you, no matter what I might say
 僕はあなたがいなくても寂しくない、僕がたとえ何を言うかもしれなくても

09100801.jpg Jonathan Cain も在籍した The Babys の John Waite は、1981年の concert で転倒しヒザを痛めて休養、その後 The Babys は解散しました。そして'84年に album を制作しましたが、No Brakes 即ち「歯止めが無い」、言い得て妙な感じです。No Brakes は全米10位、single の "Missing You" は全米1位に輝きました。このあと映画 Vision Quest に soundtrack しています。でも'90年代からは「歯止め」がありそう…?

A1. Saturday Night
A2. Missing You
A3. Dark Side of the Sun
A4. Restless Heart
A5. Tears
B1. Euroshima
B2. Shake It up / Dreamtime
B3. For Your Love
B4. Love Collision
nice!(0) 

トーニー・ケイン

Holding on, holding on, trying hard to keep you
 一生懸命にあなたを保とうとして、続く、続く
Am I wrong being strong, don't leave me holding on
 私は強いがそれが間違っているのか、私を持ちこたえているままにしておかないで

09100701.jpg Tane Cain(今は Tane McClure です)は、女優で活躍していますが、元夫が Journey の Jonathan Cain だと言うと驚かれている人も多いかと思います。父は、もう亡くなりましたが、Doug McClure と言って、俳優です(→ The Twilight Zone 参照)。Jonathan の Journey が人気が出て、ついでに Tane も便乗して作った album ですな、ははは…。Neal Schon も guitar で参加しています。このあと The Terminator が出て、Tane も女優として転身しました。1983年。

A1. Temptation
A2. Danger Zone
A3. My Time to Fly
A4. Crazy Eyes
B1. Holdin' On
B2. Almost Any Night
B3. Vertigo
B4. Hurtin' Kind
B5. Suspicious Eyes
nice!(0) 

イノセント・マン

Tell her about it, tell her everything you feel
 彼女にそれについて話してくれ、彼女にあなたが感じるすべてを話してくれ
Give her every reason to accept that you're for real
 彼女に受け入れるあらゆる理由を与えてくれ、あなたが本気であるために

09100702.jpg Billy Joel の1983年の album です。Rock'n'roll の "Easy Money" に幕が開け、ゆったりとした "An Innocent Man" に Billy の壮大な気分を味わい、a cappella の "The Longest Time" は低音から高音まですべての part をこなす器用さも見せ、Ludwig van Beethoven の「悲愴」を motif にした "This Night" に、全米1位の "Tell Her About It" や、そして "Leave a Tender Moment Alone" は Toots Thielman の harmonica が染み渡る…。軽快な "Uptown Girl" や "Christie Lee" も、もう笑い話で済ましていきましょう。ね、Billy さん。

A1. Easy Money
A2. An Innocent Man
A3. The Longest Time
A4. This Night
A5. Tell Her About It
B1. Uptown Girl
B2. Careless Talk
B3. Christie Lee
B4. Leave a Tender Moment Alone
B5. Keeping the Faith
nice!(0) 

カーズ・グレイテスト・ヒッツ

I know tonight she comes
 僕は今夜彼女が来るということを知っている
She's takin' a swipe at fun
 彼女は楽しみの攻撃をしている

14041401.jpg The Cars は Boston, Massachusetts, America の rock band で、Ric Ocasek と Benjamin Orr(故)を中心とした group です。1978年に debut し、"Just What I Needed" が全米27位になり注目を集めました。さらに "Let's Go" が全米14位、"Shake It Up" が全米4位、そして "Drive" が全米3位をし、'85年の album Greatest Hits は全米12位を記録しました。Single の "Tonight She Comes" は全米7位。

1. Just What I Needed
2. Since You're Gone
3. You Might Think
4. Good Times Roll
5. Touch and Go
6. Drive
7. Tonight She Comes
8. My Best Friend's Girl
9. Heartbeat City
10. Let's Go
11. I'm Not the One
12. Magic
13. Shake It Up
nice!(0) 

トリビュート/ワークス・オブ・レノン、マッカートニー&ハリソン

09100201.jpg The Beatles の CD の remaster album が売れているようですね。と言って僕も買ってきましたが、あはは。久しぶりに The Beatles を聞いています。しかし Paul McCartney と Ringo Starr は頑張っているけれど、John Lennon と George Harrison はもう亡くなってしまったなぁ…。さて、これはもと Yes の Rick Wakeman の Tribute です。僕は一片これを聞いてそれっきりでしたが、もう一度この CD を聞いて、John と George に捧げます。

1. Norwegian Wood (This Bird Has Flown)
2. You've Got to Hide Your Love Away
3. Fool on the Hill
4. Eleanor Rigby
5. Come Together
6. While My Guitar Gently Weeps
7. We Can Work It Out
8. Help Trilogy : Quartet / Help / Quartet
9. Things We Said Today
10. Blackbird
11. She's Leaving Home
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。