So-net無料ブログ作成
検索選択

ビバリーヒルズ高校白書/オリジナル・サウンドトラック

If you bend time back 'round
 あなたが後ろに時間をまわりで曲げるならば
Will you bend it to me?
 それを私に屈伏させてもらえますか?

10022603.jpg 何気なく TV を見ていると、Super Drama TV(だったかな?)が、Beverly Hills, 90210 をやっていました。大体'90年代前半の America の高校生・大学生の青春を写していますが、まぁこれは懐かしいですね。しかし、男の子の髪が短くで、女の子の髪が sauvage で大きいのが、もう mismatch です…。音楽は、Paula Abdul, Vanessa Williams, Michael McDonald, Chaka Khan など、魅力が一杯。

1. Bend Time Back Around
2. Got 2 Have U
3. Right Kind of Love
4. Love Is
5. Just Wanna Be Your Friend
6. Let Me Be Your Baby
7. Saving Forever for You
8. All the Way to Heaven
9. Why
10. Time to Be Lovers
11. Action Speaks Louder Than Words
12. Theme from Beverly Hills, 90210
nice!(0) 

コモン・スレッド/ソングス・オブ・イーグルス

Desperado, why don't you come to your senses?
 ならず者はなぜあなたの感覚を取り戻さなかったのか?
You been out ridin' fences for so long now
 今あなたは長い間フェンスまで乗って行って外にいる

10022403.jpg 1990年に Don Henley らが設立した森林環境保護団体 The Walden Woods Project のための benefit album です。Travis Tritt の "Take It Easy" や Clint Black の "Desperado" や Tanya Tucker の "Already Gone" などはいるのですが、America の山の森林が舞台ですから country が一杯です。Vince Gill の "I Can't Tell You Why" は Timothy B. Schmit も chorus で参加しています。

1. Take It Easy
2. Peaceful Easy Feeling
3. Desperado
4. Heartache Tonight
5. Tequila Sunrise
6. Take It to the Limit
7. I Can't Tell You Why
8. Lyin' Eyes
9. New Kid in Town
10. Saturday Night
11. Already Gone
12. Best of My Love
13. The Sad Cafe
nice!(0) 

She could take it back
 彼女はそれを戻すことができた
She might take it back someday
 彼女はいつかそれを戻すかもしれない

10022402.jpg Pink Floyd の1994年の album の The Division Bell で、全米1位・全英1位。これを元にその tour の模様を収めた P•U•L•S•E と言うのがありますが、今のところ original では最後の album です。Singles は "Take It Back" と "High Hopes" があり、また "Marooned" で Grammy Award の Best Rock Instrumental Performance を受賞しました。Grammy は初。

1. Cluster One
2. What Do You Want from Me
3. Poles Apart
4. Marooned
5. Great Day for Freedom
6. Wearing the Inside Out
7. Take It Back
8. Coming Back to Life
9. Keep Talking
10. Lost for Words
11. High Hopes
nice!(0) 

ラヴ・アフェア

Since you been gone, I been hangin' around here lately
 あなたからなくなって、私は最近このあたりで掛かっている
With my mind messed up, jumped in my car tried to clear my mind
 私の心を台無しにして、スッキリさせるために私の車で飛ばせる

10022501.jpg Toni Braxton は1966年生まれで、Maryland, America の R&B の歌手・女優です。深みのある sexy な alto voice が魅力で、主に'90年代に big hit をしました。'93年に 1st album で Toni Braxton を release し、"Breathe Again" が全米3位、"Another Sad Love Song" と "You Mean The World To Me" が全米7位などの実績があります。

1. Another Sad Love Song
2. Breathe Again
3. Seven Whole Days
4. Love Affair
5. Candlelight
6. Spending My Time with You
7. Love Shoulda Brought You Home
8. I Belong to You
9. How Many Ways
10. You Mean the World to Me
11. Best Friend
12. Breathe Again (Reprise)
nice!(0) 

ホールド・ミー、スリル・ミー、キス・ミー

Turn the beat around, love to hear percussion
 ビートの向きを変えて、パーカッションを聞く愛
Turn it upside down, love to hear percussion, love to hear it
 それをひっくりかえし、パーカッションを聞く愛、それを聞く愛

10022401.jpg U2 の Batman に、"Hold Me, Thrill Me, Kiss Me, Kill Me" と言うのがありますが、Gloria Estefan や Connie Francis は "Hold Me, Thrill Me, Kiss Me" だけです。Gloria は VH1 Divas Live 98 でも "Turn the Beat Around" を歌っていましたが、"Hold Me, Thrill Me, Kiss Me" は title 曲や "Everlasting Love", "It's Too Late" など big hit をしました。"It's Too Late" は Carole King の歌ですね。"Don't Let the Sun Go Down on Me" は日本の bonus track です。これは Elton John の歌。

1. Hold Me, Thrill Me, Kiss Me
2. How Can I Be Sure
3. Everlasting Love
4. Traces
5. Don't Let the Sun Catch You Crying
6. You've Made Me So Very Happy
7. Turn the Beat Around
8. Breaking Up Is Hard to Do
9. Love on a Two Way Street
10. Cherchez La Femme
11. It's Too Late
12. Goodnight My Love, Pleasant Dreams
13. Don't Let the Sun Go Down On Me
nice!(0) 

夢の旅人

Mull of Kintyre, oh, mist rolling in from the sea
 マル・オブ・キンタイア、海から入っている霧
My desire is always to be here, oh, Mull of Kintyre
 僕の願望は常にここにある、キンタイアの岬を

10022301.jpg 実は Scotland には言ったことがありません。そして Kintyre も。一度言ってみたいと思っているのですが、夕日が綺麗だろうなぁ…。看板には Paul McCartney の "Mull of Kintyre" の文字もあるのでしょうか。これは bagpipe が登場する folk Song 調の scottish waltz で、地元イギリスでは発売後2ヶ月で167万枚を売り上げるなど爆発的に hit し、全英1位を記録しています

A1. Mull of Kintyre
B1. Girl's School
nice!(0) 

ステップ・バイ・ステップ

Step by step, ooh baby, gonna get to you girl
 ステップ・バイ・ステップ、女の子をあなたに連れて行くんだ
Step by step girl
 段階的に女の子を

10021806.jpg New Kids On The Block は、America の Massachusetts 出身の5人組で、1984年に結成された idle group です。Debut 前には俳優の Mark Wahlberg もいましたが、脱退しています。'90年5月の 3rd album "Step By Step" を release し、同名の 1st single も全米1位を記録しました。Fan club の会員は全世界で10万人以上、一日に届く fan letter は3000通を超えたと言われています。

1. Step by Step
2. Tonight
3. Baby, I Believe in You
4. Call It What You Want
5. Let's Try It Again
6. Happy Birthday
7. Games
8. Time Is on Our Side
9. Where Do I Go from Here?
10. Stay with Me Baby
11. Funny Feeling
12. Never Gonna Fall in Love Again
nice!(0) 

グレイテスト・ヒッツ

Took a look down a westbound road, right away I made my choice
 西へ向かう道の下で見た、すぐに僕は選んだ方を作った
Headed out to my big two-wheeler, I was tired of my own voice
 僕の大きい二輪車に外へ先頭にたたれ、僕は自身の声にあきていた (by "Roll Me Away")

10021804.jpg Bob Seger は America の rock star です。1976年から'82年の間に6枚もの top 10入りする Platinum sales album を release し、うち2枚は live の2枚組 album でした。これは'75年の "Beautiful Departure" を引っ提げ America 中部出身の庶民の代弁者という路線を進むことになり、やがて "We've Got Tonight" や "Against the Wind" といった Seger の曲を、日常直面する試練や勝利の瞬間などを詳細に歌い上げた作品です。

1. Roll Me Away
2. Night Moves
3. Turn the Page
4. You'll Accomp'ny Me
5. Hollywood Nights
6. Still the Same
7. Old Time Rock & Roll
8. We've Got Tonight
9. Against the Wind
10. Main Street
11. Fire Inside
12. Like a Rock
13. C'est La Vie
14. In Your Time
nice!(0) 

ナイト・ミュージック

Shall I stay or go, through the door will the pen to flow
 僕は来るのか行くのか、ドアを通って、流れるペンはそうする
Watch the stars, sleep’s a chore
 星を見て、睡眠は仕事 (by "Lullaby")

10021805.jpg Joe Jackson の3年ぶりの1994年の作品で、Ondes Martenot の曲に始まり、"Nocturne" という4つの夜想曲を散りばめながら、skyscraper の谷間で夜を夢想する男の drama が、静かにまた想い高まって綴られます。夜の闇の中で佇む一人の男の独白で、心憎いばかりの sharp な音の sense は彼ならではのもの。じっくりと聴きたい album です。

1. Nocturne No. 1
2. Flying
3. Ever After
4. Nocturne No. 2
5. Man Who Wrote Danny Boy
6. Nocturne No. 3
7. Lullaby
8. Only the Future
9. Nocturne No. 4
10. Sea of Secrets
nice!(0) 

ヒーリング・ザ・ウーンズ

10021210.jpg The CrusadersHealing the Wounds と言って、日本語では「治癒する創傷」と言います。まあ crossoverfusion で、癒しの効果もあるかもしれません。Funky な "Mercy, Mercy, Mercy" は Stevie Wonder の影響かな? おっ、Steve Lukather も演奏してるなぁ。しかしこの The Crusaders は、これで最後に事実上停止をしていました。再結成は10年後。

1. Pessimisticism
2. Mercy, Mercy, Mercy
3. Little Things Mean a Lot
4. Cause We've Ended as Lovers
5. Shake Dance
6. Maputo
7. Healing the Wounds
8. Running Man
nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。